1.環境理念・環境方針

環境理念

環境活動(標語付)

地球環境の保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、

「私たち一人ひとりの行動で地球環境の未来を守る。」

をスローガンに掲げ、企業活動のあらゆる面で地球環境の保全に配慮して行動する。

環境方針

株式会社日立建機ティエラは近畿の水瓶である琵琶湖、および淀川水系に近接する地に立地し、建設機械等の開発、設計、製造及び販売を行っている。我社の製品が人類の生活環境を改善し、社会に貢献し、より良い地球環境づくりに寄与していると確信し、以下の環境マネジメントを実施する。

  1. 株式会社日立建機ティエラが行う事業活動、製品又はサービスが環境に影響を及ぼしていることを十分に認識し、環境汚染予防を図るとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を実施する。
  2. 環境関連の法律・条例・協定等を遵守するとともに、自主管理基準を定め、環境管理の徹底に努める。
  3. 環境側面のうち、次の項目を環境管理重点テーマとして取り組む。
    ①電力、燃料の省エネルギーを推進することによって、地球の温暖化防止を図る。
    ②産業廃棄物の削減と再資源化を推進することによって、資源の有効活用を図る。
    ③業務の効率化を推進する事によって相対的な環境負荷の低減を図る。
    ④大気汚染を防止するため、環境影響の大きい化学物質の使用量又は排出量の削減を推進する。
    ⑤工業排水による水質汚濁を防止するため、排出する水質を適正に維持管理する。
    ⑥教育及び環境保全の取り組みを通した、環境コミュニケーションを推進する。
  4. 開発、設計の段階から、環境と調和した製品開発を推進することによって、製品の省資源化、再生資源化、省エネルギー化を図る。
  5. この環境方針を達成するため、技術的・経済的に可能な範囲で、環境目的・目標を設定し、全従業員が環境管理を推進する。環境目的・目標は定期的に見直し、必要に応じて改訂する。
  6. この環境方針は従業員全員に周知するとともに、協力会社にも伝達して理解と協力を要請する。

制定:2002年 4月 1日

改訂:2013年 6月 7日

株式会社 日立建機ティエラ
生産本部長    環境管理総括者