労働安全衛生方針

<基本理念>

株式会社日立建機ティエラは、人命尊重と遵法の精神に則り「安全と健康を守ることを全てに優先させる」という基本理念のもと、安全と健康の確保が健全な企業活動の根源であり、かけがえのない価値であると認識し、全従業員が協力して、労働安全衛生活動に取り組み、推進する。

この基本理念実現のため、関連会社・協力会社を含む当社内全ての職場において全従業員が安全衛生活動を積極的に展開し、あらゆる労働災害・職業病の要因を根絶し、心身ともに健康で明るい職場づくりに努める。

1.当社の事業活動において従業員の健康に与える影響を適切に把握し、負傷および疾病を防止するために安全で健康的な労働条件を提供する。

2.安全衛生に関する役割および責任を明確にした労働安全衛生管理体制を強化し、安全衛生関連法令・条例・協定・当社諸規則・日立建機株式会社本社およびその他の要求事項を順守する。

3.労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に改善する。また、この労働安全衛生方針は妥当かつ適切な方針であることを確実にするため、定期的に見直しを行う。

4.当社では全従業員が以下の労働安全衛生活動に注力し、安全衛生意識の向上を目指す。

1)労働安全衛生のうち、特に「落下」「挟まれ」「巻き込まれ」事故につき重点的な安全管理を徹底する。

2)危険源を除去し、労働安全衛生リスクを低減する。

3)作業環境を改善する。

4)作業管理を推進する。

5)健康管理を推進する。

6)化学物質管理を推進する。

7)安全衛生教育訓練を実施する。

8)快適職場の形成を促進する。

9)過重労働による健康障害を防止する。

5.この労働安全衛生方針達成のため、適切な経営資源を投入し、各部門ごとに労働安全衛生目標を設定し、働く人および働く人の代表が安全衛生委員会で協議および参加し、労働安全衛生管理を推進する。労働安全衛生目標は定期的にレビューし、必要に応じて改訂する。

6.この労働安全衛生方針は構内で働く全ての人に周知し理解と協力を要請するとともに、社外の利害関係者から要請のある場合には開示する。

                          制定日:2013年4月1日

                          改定日:2021年7月7日

                                                  株式会社 日立建機ティエラ

                             総括安全衛生管理者

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。