沿革

1863(文久3)

始祖・田上伝蔵、熊本県にて長床犂(すき)を製造し東洋社の礎を築く。

1928(昭和3)

社名を「東洋社」と改め、犂を「日の本号」と命名。

1947(昭和22)

二段耕犂発明(農業機械展覧会共進会博覧会にて金牌受賞)

1959(昭和34)

小型トラクター発明(総理府科学技術庁より注目発明賞受賞)

1962(昭和37)

「乗用小型四輪トラクター」、日本最初の国営検査に合格。

1971(昭和46)

小型建設機械バックホウ「日の本コンバック」を開発、建機部門へ進出。

1974(昭和49)

滋賀工場竣工。

1989(平成元)

滋賀工場にて日立建設機械(EX60WD)の受託生産開始。

1990(平成2)

日立建機株式会社が経営権を継承。
EX60シリーズの生産開始。

1997(平成9)

社名を「日立建機ティエラ」に変更。
ISO9002認証取得。
後方小旋回機の生産開始

1999(平成11)

建設機械生産累計5万台達成。

2000(平成12)

日立建機ミニショベル開発設計部門を滋賀事業部へ統合。
ISO9001認証取得。

2002(平成14)

滋賀事業部にてISO14001認証取得。

2003(平成15)

ミニローダML20を発売。
ISO9001(2000年版)認証取得。

2004(平成16)

ミニローダML30を発売。
ミニショベルZX-U2シリーズ生産開始。

2006(平成18)

建設機械生産累計10万台達成。
カンボジアにミニショベルZX50-U2を寄贈。

2007(平成19)

ミニローダML40を発売。

2008(平成20)

ZX60USB-3を海外専用機として発売。

2011(平成23)

建設機械生産累計15万台を達成。
日立建機株式会社の完全子会社となる。

2013(平成25)

大阪生産センタを大阪府門真市から大阪府大東市へ移転。
大阪生産センタの移転に伴い、本店を大阪府門真市から滋賀県甲賀市へ変更。

2014(平成26)

建設機械生産累計20万台を達成。

2015(平成27)

「日立エコファクトリーセレクト事業所」に認定。

2017(平成29)

建設機械生産累計25万台を達成。

2018(平成30)

「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」の認定取得。
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。